作者アーカイブ: KanaG_CHCH_OSE

お昼寝前のぎゅ〜っとチュー

ここ数日、旦那と仲が悪く、もう無理かもと言うギリギリの所まできています。ほとんど口も聞かず、目を合わせることもなく、家の空気は最悪で、ただただ子供にも申し訳なく思っています。
1歳半になろうとする子供は、言葉は言えなくても伝わるものがあるのか、家事をしてる最中も、やたらと抱っこして欲しがり、ちょっと待っててねと言うと泣いてしまい、手を止めて抱いてあげるか、抱きながらご飯を作ることもしばしば。そんな中、のお昼寝の際、いつもなら布団でゴロゴロしてると寝る子供が、私にぎゅ〜っと何度もチューしながら眠りにつきました(笑)こちらが言ってることや思ってることは伝わってるんだと思い、私を慰めてくれるかのようなタイミングの行動に思わずうるうるきてしまい、たまらなく子供が可愛く思えました。たまたまかもしれませんが、子供と笑いながらも、心の中でモヤモヤしてたのが伝わっていたかの様な、めずらしい行動にこのままじゃだめだな〜と改めて思いました。
旦那が朝から仕事に行き、夕方帰ってきてから実家に行った為、ほぼ1日中私と子供の二人きり。晩ご飯の際、まだスプーン食べを練習中の子供は、いつも、途中から食べることに飽きてしまい、ご飯を床に落としてしまいます。そんな我が子が床にも落とさず、最後までペロリと食べてくれました。最後のお茶はひっくり返してこぼしてましたが(笑)私が自分の食事を先に済ませ、洗い物を済ませてる間にきれいに食べてくれてて、少しずつ出来るようになってる我が子に嬉しくなりました。きっとこんな状況の中、子供は子供なりに何かを感じ取り、励ましてくれたり、頑張って出来るようになって喜ばせてくれたりと、何かを伝えようとしてくれてるんだと思いました。母が強くならなくては!!
そんな可愛くてたまらない子供は隣でスヤスヤ寝ています。可愛い寝顔とのお昼のぎゅ〜とチューで明日も頑張れる気がします。