作者アーカイブ: KanaG_CHCH_OSE

海外旅行の乗り換えで役に立った小型のサムソナイトスーツケース

私はこの年末にロシアへと旅行にいってきました。
その時に利用したコースは、地物関西空港から羽田空港へと移動して、そのまま成田空港へとバスで向かい、モスクワの空港を目指すというものです。  
乗り継ぐ航空会社の飛行機の問題でどうしても羽田空港から成田空港へとbusでの移動が必要であり、それが最大のネックでした。
というのも、羽田空港から成田空港間の乗り換えの時間が3時間しかなくその間にかなりの距離を移動しなければならないからです。
さらに言うと、国際線は出発の一時間前にチェックインしなければなりません。実際に移動に費やせる時間は一時間しかなかったのです。
非常に不幸なことに、移動に使えるバスは一本しかなくしかも、羽田空港へと到着した15分後に出発するような時間帯でした。
私はその事でかなり頭を抱えてしまったのです。
というのも、通常飛行機を降りてスーツケースが引き揚げられるのを待っていたのでは、とてもではありませんが15分などで間に合う筈がないからです。
本気で焦った私はなんと言うふざけた路程を設定するのだと航空会社に訴えました。
航空会社は私の訴えを聞きつつも別の時間帯で飛行機を用意してくれるようなことはありません。
どうにかしようと考えた私がたどり着いた答えが、小型のスーツケースなのです。
というのも、最小サイズのスーツケースならば、飛行機の機内へと持ち込む事が可能であり、引き揚げを待つ必要もないからです。
心配した私は航空会社に再度電話し、持ち込みについて確認しました。
そこで許可がもらえたために、急いでホームセンターへ向かって、小型のスーツケースを購入、可能な限りの荷物を詰め込んだのです。
それと同時に入りきらなかった荷物は、とても大きなリュックに手荷物として押し込みました。
そんな状態で機内に乗り込み、羽田空港へ到着した私は、飛行機から降りるなり必死になりダッシュ、疾走しました。
小型のサムソナイトスーツケースだったために抱えたままでも走りやすく、無事にバスに間に合って成田空港へとたどり着く事ができました。
小型のサムソナイトスーツケースには感謝しています。
サムソナイトを買えない人は、サムソナイトのスーツケースをレンタルするという方法もありますよ。
スーツケースはレンタルのほうが、良いかもしれませんよね。

脂肪を燃やすには有酸素運動と葛の花イソフラボンが必須

脂肪を減らすためには有酸素運動と葛の花イソフラボンが必須だと思います。
自分は今まで沢山のダイエットや筋トレを試してきました。
腹筋、スクワットで筋力をつけても有酸素運動がないと体だけ大きくなり自分の場合は体脂肪率は下がりませんでした。
また、筋力をつけられたとしても持久力が足りないなといつも感じていました。
腹筋をゆっくり30回やるのを10分かけるのはできるのにゆっくり歩く散歩を30分やっているとくらくらしてしまうほどに重症でした。
なのでやせようと決意したときにはまず有酸素運動を行い、基礎体力と運動の習慣化をしていくとよいです。
また、筋トレと並列で行うことによって有酸素運動の効率が上がったと感じるのは確かです。
筋トレをしてから散歩を取り入れるようにするとみるみる脂肪が落ちてきたのでこの方法は確かだと思います。
次に食事方法です。
おやつやご飯の際に炭水化物を多く食べ過ぎてしまっていませんか?そんな時に選ぶ食べ物をほんの少し気を付けるだけで脂肪もみるみる落ちていきますので合わせてやってもらえればなと思います。
具体的な内容だと炭水化物の代わりにたんぱく質を取ることです。
ごはん(白米)やお菓子の代わりにおかずやおつまみなどを食べることを心がけるだけですごく違ってきます。
自分が気に入っていたのは鳥の胸肉です。
安くたくさん購入でき、調理方法もゆでるだけです。
塩をかけてさっと食べるとおやつ代わりにとてもいいですし、バンバンジーにするとご飯もおいしく食べられ飽きにくいです。
この鶏胸肉を多く食べることで普段の食事量から炭水化物が減り脂肪が落ちてくると思います。
ダイエットをするからにはやるかやらないかです。
ごまかしではないですがどうしても我慢しきれないときはたんぱく質を食べて我慢する、毎日動くことによって効果が出てきます。
昨日たくさんやったから今日はという考えではなかなか脂肪は落ちません。
自分が甘えてるとき脂肪は常に蓄えようと努力をしているようなものだからです。
ダイエットなら葛の花イソフラボンがとても大切なのでそれだけ決めてさっそくやってみてはいかがでしょうか。

お昼寝前のぎゅ〜っとチュー

ここ数日、旦那と仲が悪く、もう無理かもと言うギリギリの所まできています。ほとんど口も聞かず、目を合わせることもなく、家の空気は最悪で、ただただ子供にも申し訳なく思っています。
1歳半になろうとする子供は、言葉は言えなくても伝わるものがあるのか、家事をしてる最中も、やたらと抱っこして欲しがり、ちょっと待っててねと言うと泣いてしまい、手を止めて抱いてあげるか、抱きながらご飯を作ることもしばしば。そんな中、のお昼寝の際、いつもなら布団でゴロゴロしてると寝る子供が、私にぎゅ〜っと何度もチューしながら眠りにつきました(笑)こちらが言ってることや思ってることは伝わってるんだと思い、私を慰めてくれるかのようなタイミングの行動に思わずうるうるきてしまい、たまらなく子供が可愛く思えました。たまたまかもしれませんが、子供と笑いながらも、心の中でモヤモヤしてたのが伝わっていたかの様な、めずらしい行動にこのままじゃだめだな〜と改めて思いました。
旦那が朝から仕事に行き、夕方帰ってきてから実家に行った為、ほぼ1日中私と子供の二人きり。晩ご飯の際、まだスプーン食べを練習中の子供は、いつも、途中から食べることに飽きてしまい、ご飯を床に落としてしまいます。そんな我が子が床にも落とさず、最後までペロリと食べてくれました。最後のお茶はひっくり返してこぼしてましたが(笑)私が自分の食事を先に済ませ、洗い物を済ませてる間にきれいに食べてくれてて、少しずつ出来るようになってる我が子に嬉しくなりました。きっとこんな状況の中、子供は子供なりに何かを感じ取り、励ましてくれたり、頑張って出来るようになって喜ばせてくれたりと、何かを伝えようとしてくれてるんだと思いました。母が強くならなくては!!
そんな可愛くてたまらない子供は隣でスヤスヤ寝ています。可愛い寝顔とのお昼のぎゅ〜とチューで明日も頑張れる気がします。